広島県倫理法人会

「企業に倫理を、職場に心を、家庭に愛を」
県内12の単会で毎週セミナーを開催して共に学んでいます

活動・実践報告

Information
2021.4.9
レポート
第1087回 広島西倫理法人会:講師 仙田 信吾 氏(経営者モーニングセミナー)
一覧に戻る
目指せ!参加者世界一スペシャル月間✨

広島西倫理法人会が参加人数世界一を目指す月間2週目です🗓
4月9日(金)の第1087回経営者モーニングセミナーは!
【講師プロフィール】
仙田 信吾 氏
(株)サンフレッチェ広島 代表取締役社長
1955年3月17日生 (64歳)
広島県府中市上下町出身
1978年 中央大学法学部卒業
1978年 株式会社中国放送入社
     東京支社長、テレビ局長、テレビ営業局長、常務取締役を歴任
2017年 株式会社RCCフロンティア 代表取締役社長
2019年 同代表取締役会長
2020年 株式会社サンフレッチェ広島 代表取締役社長就任 現在に至る
【講話内容】
『コロナ禍を どうスポーツクラブの経営者として 克服したか、できなかったか』
●倫理研究所との深いご縁
東京在住時には丸山敏秋理事長のご近所にお住まいでよくお見かけしたとのこと。
さらに!倫理研究所の一社提供によるラジオ番組は全国AMラジオ34局が持ち回り制作ですが、ご出身の中国放送はその中のひとつです。
●「人生は○○の方が楽しい」
放送局の退任後、大学教授の道が用意されていたにも関わらず、財政苦境のサンフレッチェ社長に就任。一週間悩んだ結果、現職を引き受けたのは「人生は波乱万丈の方が楽しい」と思ったから。「本音を言えば、もう一花咲かせたかったんですよ」と当時の胸の内を明かしてくださいました。
●コロナ禍のスポーツクラブ経営
ご存知の通り、J1リーグで3回、スーパーカップ4回、トヨタプレミアカップ1回と数々のタイトルを獲得したサンフレッチェですが、クラブ経営は決して楽ではありません。
過去には赤字続きで減資、スタープレイヤーの放出などもありながらJ1を死守(降格は大変!)してきました。コロナ禍で試合ができない、できても無観客や満席にできない状態で財政的には大打撃です。地場を主としたスポンサー企業もそれは同じこと。「今自分にできることは何か?」と自問自答し、着手したのは・・・
●スポンサー収入の死守!!!
仙田社長はスポンサー企業120社に自筆の手紙をしたためます。
・コロナ禍のお見舞い
・選手がどうしているか→徹底した体調管理
・フロントの努力→とにかく社会貢献
・終戦2年後の1947年に広島高等師範学校(現・広大附属中高)が全国制覇を遂げたエピソード
 →芋畑を耕し、たった一つのボールから果たした再起。
  (ドイツ人からサッカーを習い、国際試合を初めてやったのは広島!)
出資を減額した企業は一社もなかっただけでなく、却って増資した企業や20社近い新規企業が集まり、J1の中で唯一スポンサー収入を増やしたクラブとなったのでした。
●クラブ理念「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献します」
こちらを参照ください↓
サンフレッチェ広島は育成型クラブチーム。
講話後の感想シェア会で「あれほど厳しい中で、それでもそのカタチを維持したのはなぜか?」と質問がありました。仙田社長の答えは「それこそがサンフレッチェの根幹だから」。
選手や監督の出身地、縁のある地域を市町村レベルで把握されており、まだ十分に関わりを持てていないと思われる地域に今年は何をするか?とプランを練っておいででした。
このほかにも作家の阿川弘之さんへのインタビューを通じた交流など、とても時間が足りない(ここで紹介するスペースも足りない)ところでした。
「サッカーのことは何も知らずに社長になった」と仰る仙田社長。しかし、テレビマンとしての強い信念を感じさせる徹底した現場主義が未知のスポーツクラブ経営を文字通り「復興」させていました。
ときにユーモアを交えた、お話の最中の屈託のない楽しそうな笑顔、名刺交換の行列全ての人に丁寧に向かわれる姿勢。ホームゲームだけでなく、アウェイのスタジアムでも試合後はサポーター一人一人に「ありがとうございます」と声を掛け、頭を下げられる姿は地元新聞に投稿が寄せられるほどです。
みなさん!!!
サンフレッチェの試合を観にいきましょう⚽️
感染対策は十分過ぎるほどされています。
公共の交通機関の方が安全です。
今「私たちにできること」です。
本日の参加社数は、96社、100名(他zoom最大45名)でした㊗️🎉😆
連絡事項で発表されたときには会場から拍手が起こりました👏
どなた様のご出席がなくても達さなかかった数字です。
みなさま、ありがとうございます!!!
次回モーニングセミナーは4月16日(金)は⭐️
【講師プロフィール】
山坂 哲郎 氏
広島西倫理法人会 会員
株式会社バルコム 代表取締役
広島大学教育学部卒業後、広島マツダに入社し、3年目でトップセールスマンとなる。
25歳の時に父が創業した株式会社バルコムヒロシマモータース(現 株式会社バルコム)に入社
1982年に専務取締役に就任
1987年に代表取締役に就任
現在に至る
趣味は野球、ゴルフ、ヨット。「限りなくベストに近いベターであれ。」を2018年12月に出版。
〔事業内容〕
自動車ディーラー事業、レンタカー事業、不動産事業、流通事業、飲食事業、旅行事業 等
【倫理法人会 略歴】
2020年11月 広島西倫理法人会 入会
【講話内容】
『限りなくベストに近いベターであれ』
来週もぜひ広島西倫理法人会 経営者モーニングセミナーへご参加ください。
あなたの未来を変える仲間と、ヒントがここにあります。
広島県倫理法人会ホームページ→ https://hiroshima-rinri.jp/
ページ先頭へ
ご不明な点はお気軽に
広島県倫理法人会事務局まで
〒732-0824 広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー501号
ご不明な点はお気軽に広島県倫理法人会事務局まで
〒732-0824 広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー501号
お電話でのお問い合わせ
受付時間:月~金 9時~18時
お電話でのお問い合わせ
受付時間:月~金 9時~18時
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ